logo
Home

Linux ドライバー移植

Sysfsだとお手軽にできて便利なのですが、やはりいつものopen/close/read/write/ioctl (+ select/poll/seekなどなど)を使いたい場合もあると思います。そのためには、今まで通りの方法で、デバイスファイルを作る必要があります。今まではロードのタイミングでデバイスファイルを作っていましたが、今回はprobeのタイミングになります。また、I2C制御関数を使うためには、struct i2c_clientが必要になります。probeのタイミングで貰ったstruct i2c_clientをどこかに保持して、readやwriteの時の参照する必要があります。これは、static変数で保持すれば簡単にできるのですが、少しちゃんとやろうと思います。これを実現するために、container_of()というヘルパーマクロを使います。. Windows 10 PCIデバイスドライバー開発. encryption - opensslをLinuxドライバーに移植することは可能ですか? install - AnacondaがインストールされているLinuxマシンにSageをインストールするとエラーが発生しますが、両方が必要です; c - ioctl linuxデバイスドライバーの読み取りと書き込み.

linux ドライバー移植 10回目: I2Cを使ったデバイスドライバを作る ドライバー移植 8回目: debugfs用インタフェース 9. IoTの普及に伴って急速にシェアを拡大している「組込みLinux」について、他の組込みOSとの違いやメリット、採用時の注意点などを全4回の連載で解説。第1回目は、組込みOSの主流と言われて来た、リアルタイムOS(ITRONやVxWorks)についてと、汎用Linux OSへの移行についてお話しします。.